シミトリーは妊娠中・授乳中でも使える?赤ちゃんへの影響は?

シミトリー 妊娠中

 

シミトリーは医薬部外品ということもあり、妊娠中や授乳中の使用に不安を感じている人は多いと思います。美容効果が高くても、赤ちゃんに影響があるようなスキンケアでは困りますからね。

 

結論からいうと、シミトリーには赤ちゃんに悪影響を及ぼすような成分は配合していないので、基本的には妊娠中、授乳中の使用も問題ないとされています。

 

それでも妊娠中、授乳中は赤ちゃんの安全が最優先です。本当に妊娠中・授乳中の使用は問題ないのか、シミトリーの販売元に直接質問してみました。

 

 

シミトリーは妊娠中・授乳中も使える

 

シミトリーは妊娠中・授乳中に使用しても問題ないかという質問に対して、フォーマルクラインからの回答が下記になります。

 

 

シミトリーには皮膚下への強い影響のある成分は使用しておらず、お肌にやさしい作りとなっておりますので、妊娠中、授乳中のご使用も問題はございません。

 

しかしながら、やはり妊娠中は体調が変化しやすく、お体の状態も普段とは違い敏感になりますので、念のため担当医師等にご相談の上でのご検討をおすすめしております。

 

引用:フォーマルクラインからの回答

 

 

このように販売元のフォーマルクラインからとても丁寧な回答がきました。この回答を整理してみると下記のように判断できると思います。

 

  • シミトリーは妊娠中・授乳中に使用しても問題ない
  • 妊娠中は肌がデリケートな時期なので担当医に相談した方が安心

 

 

少なくとも妊娠中や授乳中にシミトリーを使用したからといって、赤ちゃんに悪影響を及ぼすような心配はなさそうですね。

 

ただし妊娠中の肌はデリケートになりやすく、人によっては普段使っているスキンケアが肌に合わなくなる人もいる程です。気になる人は事前に担当のお医者さんに相談してから使用しましょう。

 

 

妊娠中のシミ対策はシミトリーだけで大丈夫?

 

妊娠中はシミやそばかすが増えやすい肌状態になります。その理由は妊娠によってホルモンバランスが乱れてしまうことが大きく影響しています。

 

妊娠すると「プロゲステロン」という女性ホルモンが増加します。この影響でシミの原因になるメラノサイトの働きが活性化されてしまうので、少し紫外線を浴びただけでもシミになりやすいんですね。

 

出産を終えてホルモンバランスが整ってくると肌の状態も落ち着くケースが多いですが、人によっては出産後もシミがそのまま残ってしまうばあいもあるようです。

 

妊娠の影響でシミを増やさないためには、下記の3つのシミケアが有効といわれているので参考にしてください。

 

 

【1】積極的な紫外線対策

 

ホルモンバランスの乱れから、妊娠中の肌は紫外線の影響を受けやすい状態になっています。シミを増やさないためには、帽子、日傘、日焼け止めクリームなどの紫外線対策を徹底して肌を守りましょう。

 

 

【2】ビタミンA、ビタミンCを多く摂取する

 

シミケアに効果的といわれているビタミンA、ビタミンCを普段の食事から積極的に摂取するようにしましょう。ビタミンAには新陳代謝を促す働きがあり、ビタミンCにはメラニンの生成を抑える旗作用が期待できます。

 

 

【3】スキンケアで肌を整える

 

シミができにくい肌状態を保つためには、毎日のスキンケアで肌を整えてあげることも大切です。妊娠中の肌はとてもデリケートなので、肌に負担を掛けない低刺激のスキンケアを選ぶとよいでしょう。

 

 

シミトリーは妊娠中、授乳中の使用も問題ないですし、敏感肌でも使えるほど肌に優しい成分配合になっています。そういう意味では妊娠中にはピッタリのシミ対策といえそうです。

 

>>シミトリーの詳細はこちら


ページの先頭へ戻る