シミトリーの効果的な使い方!より美白効果を高める3つのポイント

シミトリー 使い方

 

シミトリーには保湿作用、美白作用などに優れた成分が配合されているので、効果を最大限に発揮させる使い方を頭に入れておきたいところです。

 

シミトリーの基本的な使い方や、美白効果をさらに高める使い方を紹介していきます。

 

 

シミトリーの基本的な使い方 5つのステップ

 

まず最初にシミトリーの基本的な使い方を5つのステップで紹介していきます。

 

 

【1】洗顔で汚れをキレイに落とす

 

シミトリーを使う前にはまず洗顔です。顔についている汚れや余分な皮脂を洗顔できれいに落としてあげましょう。

 

 

【2】適量のジェルを手に取る

 

専用のスパチュラでシミトリーを手に取ります。一回の使用量は「さくらんぼ粒大」が目安になっていますが、好みに合わせて調整してください。

 

 

【3】顔の5箇所にジェルをのせる

 

均等に塗布するために、左右のほほ、ひたい、鼻先、あごの5カ所にシミトリーをのせます。顔にのせる前に手のひらで少し温めてあげると、ジェルが柔らかくなり肌なじみがさらによくなります。

 

【4】指先でやさしく伸ばす

 

中指と薬指の指先を使い、顔の中心から外側に向かってやさしく伸ばしていきましょう。

 

 

【5】ハンドプレスで浸透させる

 

仕上げに手のひらで顔全体をやさしく包み込むように押さえて、シミトリーを肌にしっかり浸透させましょう。

 

 

以上がシミトリーの基本的な使い方になります。

 

シミトリーは少ない量でもよく伸びますが、早く美肌効果を実感したい人はあまりケチケチせずに「さくらんぼ粒大」を目安にしましょう。

 

 

シミトリーの美白効果をさらに高める3つのポイント

 

シミトリーの使い方はとても簡単ですが、美白効果をさらに高める使い方もあります。実際にシミトリー愛用者から聞いた「美白効果を高める3つのポイント」を紹介します。

 

 

【1】気になるシミには重ね塗りをする

 

シミやそばかすが気になる部分にはシミトリーをもう一度重ね塗りをして、有効成分をしっかりと肌に届けるように意識してあげましょう。重ね塗りは有効成分の効果を高めるには有効なテクニックです。ぜひ実践してみてください。

 

 

【2】保湿力を高めたいときは乳液やクリームを併用する

 

人によってはシミトリーだけでは保湿が物足りないと感じる人もいるかも知れません。このような場合は「シミトリー+乳液」「シミトリー+クリーム」など、他のスキンケアを併用してあげましょう。
保湿不足の肌ではターンオーバーの促進がうまく機能せず、メラニンの排出にも影響が出てしまいます。特に乾燥する季節は、乳液やクリームの併用が効果的です。

 

 

【3】朝晩で使用量を調節する

 

シミトリーのスキンケアは朝晩の一日2回が基本ですが、忙しい朝はスキンケアにはあまり時間をかけたくないもの。このような場合、シミトリーの使用量を少し減らしてあげると浸透時間が短くなり、すぐにメイクを始めることができます。

 

朝のスキンケアで節約した分は、夜のスキンケアで贅沢に使用します。シミなどの肌トラブルが気になる部分は丁寧に重ね塗りをしてあげてください。

 

>>シミトリーの詳細はこちら


ページの先頭へ戻る