シミトリーは肝斑(かんぱん)にも効果はあるの?

シミトリー 肝斑

 

シミトリーはシミ対策に効果的といわれていますが、肝斑にも効果はあるのでしょうか。

 

 

シミトリーで期待できる肝斑への効果は?

 

女性ホルモンが影響しているといわれる肝斑ですが、目立たなくするメカニズムは紫外線によるシミと同じです。短期間で劇的に改善することはできませんが、シミトリーを継続して使用することで少しづつ改善していくことは可能です。

 

シミトリーに配合されているハイドロキノン誘導体(*1)や2種類のビタミンC誘導体(*2)には、メラニンの生成を抑えてシミが濃くなるのを防ぐ作用に加えて、わずかながら還元作用(薄くする)もあります。

 

毎日コツコツとシミトリーのスキンケアを行うことで、肝斑予防、肝斑ケアも可能だということですね。

 

※1 アルブチン
※2 3−O−エチルスコルビン酸、ヒトラ2−ヘキシルデカン酸アスコルビル

 

肝斑とは?

 

肝斑は、ほほ周辺に広範囲にわたって発生するシミです。主に30〜40歳代の女性に見られることが多く、左右対称にボヤっとしているのが特徴です。肝斑の症状が見られるのはだいたい50歳代後半までで、閉経とともに薄くなったり、消えたりする傾向があります。

 

 

肝斑をケアするために注意したいポイント

 

肝斑の原因は、紫外線、摩擦、女性ホルモンの影響などが考えられます。

 

主な原因が女性ホルモンと考えられていることから紫外線対策をおろそかにしている人もいるようですが、今以上に症状がひどくならないように紫外線対策はしっかりとやりましょう。

 

肝斑の原因になる摩擦は主に毎日の洗顔やスキンケアです。特に気をつけたいのが洗顔で、ゴシゴシ洗っている人は要注意。手のひらではなく「泡」で洗うイメージでやさしく洗顔をするようにしてください。

 

妊娠やピルの服用などとの関係が指摘される肝斑ですが、原因が女性ホルモンである以上できることは限られてしまいます。紫外線や摩擦に気をつけると同時に、毎日のスキンケアでできるだけ目立たなくするように心掛けましょう。

 

 

肝斑を消すためにおすすめの方法は?

 

肝斑を消すためにおすすめなのは、トラネキサム酸内服薬を使用することです。シミトリーのようなスキンケアと併用することで効率よく目立たなくしていくことができると思います。

 

ハイドロキノンを塗布するのも効果的ですが、皮膚科では保険適用外の治療になるのでやや高額になってしまいます。また医療機関ではケミカルピーリングやレーザーによる治療もあるようですが、こちらも保険適用外の治療に該当するのでかなり高額になります。

 

まずはシミトリーなど手軽にできるスキンケアからはじめ、効果がないようなら医療機関に相談という流れで考えた方がいいかも知れません。

 

>>シミトリーの詳細はこちら


ページの先頭へ戻る