フラバンジェノールの抗酸化作用がすばらしかった話

フラバンジェノール 抗酸化

 

シミトリーに配合されている「フラバンジェノール」という成分は、大人の女性たちが注目している話題の成分。

 

なぜフラバンジェノールが注目されているかというと「保湿力」と「抗酸化作用」にすぐれているからです。

 

細かいところをみるとフラバンジェノールにはいろいろな作用が期待できるのですが、ここでは「抗酸化作用」に注目してみたいと思います。

 

 

フラバンジェノールの抗酸化作用が注目されている理由

 

抗酸化作用は、活性酸素から体を守る作用のことをいいます。

 

ご存知の通り、活性酸素は肌の老化を早めたり、しみ、シワができる原因になってしまいます。

 

「年齢を重ねても若々しい肌でいたい」と考えるのであれば、活性酸素を減らすようなスキンケアが必須となりますよね。

 

ここで注目されているのが抗酸化作用の高いフラバンジェノールという成分。フラバンジェノールが高い抗酸化作用を持っていることは、研究や学会発表などでも明らかになっています。

 

フラバンジェノールの抗酸化作用はどのくらいすごい?

 

フラバンジェノールの抗酸化作用はどのくらい優秀なのか、他の抗酸化成分と比較してみましょう。

 

エイジングケア化粧品によく配合されている抗酸化成分といえば「ビタミンC」や「コエンザイムQ10」などが有名ですよね。

 

研究報告では、フラバンジェノールの抗酸化作用はこのビタミンCやコエンザイムQ10より優れていると発表されています。

 

フラバンジェノール 抗酸化

 

シミトリーの販売元フォーマルクラインで取り扱っている「フラバンジェノール化粧品」の商品詳細を見てみると、フラバンジェノールの抗酸化作用は「ビタミンCの約600倍」「コエンザイムQ10の約250倍」と記載されています。

 

フラバンジェノール 抗酸化

 

まさに桁違いという感じですね。フラバンジェノールがすばらしい抗酸化作用を持った成分だということがお分かりいただけると思います。

 

 

活性酸素は生活習慣の改善でも減らせる

 

シミ、しわなど肌の老化を促進させる活性酸素ですが、生活習慣を改善するだけでも減らすことができます。

 

美肌をキープするためには、フラバンジェノールなどのスキンケアだけに頼らず、生活習慣を見直すことでも活性酸素を減らすように心掛けたいところです。

 

どのように生活習慣を見直せばいいのか、効果的といわれている5つのポイントをまとめておきます。

 

【1】紫外線対策をする

 

紫外線対策は活性酸素を減らすために欠かせません。紫外線を浴びると皮膚細胞に活性酸素が生成されてしまい、シミやシワが増える原因になってしまいます。

 

日中外出するときは帽子や日傘を使用したり、場合によっては日焼け止めクリームを使用するなど、できるだけ紫外線を浴びないようにしましょう。

 

家の中でも窓際は紫外線が届くので注意、洗濯物を干すなどの短い時間でも油断しないようにしてください。

 

【2】タバコを吸わない

 

タバコの煙には活性酸素が含まれているので、喫煙はできるだけ控えた方がいいでしょう。

 

そもそも喫煙はコラーゲンの生成を妨げたり、血行が悪くなるなどの悪影響があることから、「肌の老化を早める原因」といわれています。

 

若々しい肌をキープしたいと考えるなら、喫煙にはデメリットしかありません。喫煙する習慣がある人は思い切って禁煙に挑戦してみるのもいいのではないでしょうか。

 

また喫煙習慣がなくても、身近にタバコを吸う人が多い場合は要注意です。少し距離をとるなどして、活性酸素や有害物質を浴びないように気を付けてみてください。

 

【3】アルコールを飲み過ぎない

 

アルコールが肝臓で分解されるときにも活性酸素が発生するので、普段からお酒を飲む習慣がある人は「飲酒量」に注意が必要です。

 

適度なお酒はそれほど影響ありませんが、お酒の量が増えれば増えるほど活性酸素が生成されるので、飲み過ぎないようにしてください。

 

【4】軽度の運動を心掛ける

 

健康や美容のために運動することはいいことなのですが、マラソンのように息が苦しくなるような激しい運動は活性酸素が大量に発生してしまいます。

 

活性酸素を減らすことを意識するならヨガやウォーキングのように軽めの運動を取り入れた方がベターです。

 

軽めの運動は活性酸素が発生しにくい上に、抗酸化酵素の働きが活発になるので体の酸化を抑える作用も期待できます。

 

【5】ストレスの解消を心掛ける

 

ストレスを感じると血流が悪くなり、これを回復させるときに活性酸素が発生してしまいます。悲しいことにイライラするだけでも肌は衰えていくんですね。

 

強いストレスを感じる人ほど活性酸素が大量に発生するので、イライラするときなどはストレス解消を心掛けてください。

 

趣味や適度な運動など、ストレスを軽減することはできるはずです。自分に合ったストレス解消法を見つけて実践してみてください。

 

 

まとめ

 

シミトリーの主成分「フラバンジェノール」の抗酸化作用にはすばらしいものがあります。

 

でもより若々しい肌をキープするためには、スキンケアだけに頼らず、生活習慣を見直してみる必要があるかも知れません。

 

もし活性酸素を増やすような生活習慣がある人は、何年か先の若々しい肌のために少しづつ改善していきましょう。

 

>>フラバンジェノールを高配合 シミトリーの詳細はこちら


ページの先頭へ戻る